読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチトレFXに参加してみた

FX歴1年弱でガチトレFXに出会い、まったく勝てない状態から脱却する俺の話(17/02/21リアル突入)

ガチトレFX「10/26(反省) + 10/27(追記)」

トレード日誌 反省

こんにちは。

 

さっそく昨日の戦績ですが、1戦1敗のー8pipsです。

というわけで反省回。

 

通貨はポンドオージー、時間は13時ごろにショートでポジションを持ちました。

指標による急落後の、30分クロスα?+Bですね。

4時間足的には大トロで、まだ伸びる余地はあるかなと思ったのですが、上げ下げを繰り返した後、16時ごろから上昇に変わり、5分が「こりゃヤバイ」となったので決済。

結果を見ると、そこから綺麗に上昇Aで200も動いているので、英断でした。

(もっとも、仕掛け×/利確×の赤点ですが)

 

さてさて、負けは負けとして認めますが、肝心なのは

「どうしてこう動いたのか」

「プラスで逃げ切れなかったのか」

「伸びなかった要因はなにか」ということ。

 

各時間足を見て私がこれかなと思うのは、

「伸びしろがない/期待値が低い」

というところ。

正直、少々頭から抜け落ちていましたが、今回の件があったのでステップ動画きっちり見返しました(汗)。

 

で、それを踏まえて上記のエントリーポイントですが、

①4時間足:まだまだ下エリアまで余力があるが、Dαっぽい

②1時間足:1Gは下エリアにほぼ到達し、伸びしろはほとんど無い

③30分足:同上

④15分足:1Gは下エリアに侵入している

①はともかく、②~④は下エリア付近~到達で、伸びしろは殆どないと言える。

 

・・・そりゃ、伸びねえよ(; ・`д・´)

例えば、15分足がエリアから抜けてDっぽいとか、1時間がPO中とか、そういう状態ならともかく。

長期足以外ほとんど同じエリアにいるなら、そちら側に圧力が溜まっているということなわけで、弾けた結果が200pipsもの上昇というなら、ものすごく納得がいく話。

もちろん、長期的な強いトレンドによる張り付きのような例外もあるにはあるけど。

今回の場合は、そもそもエントリーしないか、スキャルで少し取っていくのが正しかったという落ち。

 

というわけで、今回の反省。

①期待値/伸びしろをしっかりと意識しましょう。

②1つ2つの時間足に固執するのではなく、各時間足の状態をしっかりと把握しましょう。

 

以上、今回の反省でした。

負けは負けで血肉になるけど、それでもこれはちょっとなぁと思ってしまう(汗)

 

 

追記.

今日の戦績は1戦1勝の+40。

通貨ペアはオージーキウイで、9時ごろの30分足B+Cαでショート、17:40でクローズです。

 

さて、このポイントですが、前述の反省を踏まえるとナイスポジションですね。

1時間はPO中で期待値は中々。

30分足はBの途中で、こちらもある程度期待値あり。

15分足もBの途中で、1Gは前日から上昇し、下エリアまでの猶予も十分。

最後に長期足の流れとして4時間足ですが、反転して下降気配なのがきっちり見て取れますね。

つまり、下足が反転すれば、長期の流れも相まって、絶対に伸びると。

 

ちなみに、同じくオージーキウイで14時頃B+Cができています。

これを各時間足(4時間足は省略)見ると、

・1H:PO中~終盤

・30M:B+C(αではなく、紫以外はエリアインで、期待値は低い)

・15M:B+C(αではなく、紫と青以外はエリアインで、期待値は低い)

こうなる。

1Hはともかく、30Mと15Mは伸びしろが殆ど無い状態。

 

まぁ、だからといって、こういう状態だと絶対伸びないというわけでもない。

例えば、オージーカナダの10/25 14:00(MT4)だと、1H・30M・15Mの各時間足で数本エリアインしているのが見られるが、大きく押すこともなく順当に翌日まで伸びている。

4時間足を見ると長期的な上昇トレンドになっており、こういう時は普通に伸びていくこともある。

 

以上、反省を踏まえた成功例でした。