読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチトレFXに参加してみた

FX歴1年弱でガチトレFXに出会い、まったく勝てない状態から脱却する俺の話(17/02/21リアル突入)

ガチトレFX「7/13のトレード」の話

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

いやぁ、まだ梅雨が明けませんね。

今週は関東は殆ど雨になっていて、なんというかものすごく蒸し暑い(汗)

暑かったり寒かったりが少なくなった分、体調的には楽なのかな。

 

それはさておき今日のトレード。

本日は1戦1勝の+50pipsです。

 

クロス円は早朝からゆっくり下降し始め、8時ごろには30分足の1Gが綺麗な状態に。

一番最初のチャンスは8:30ごろだったですが、タイミングを逃してスルー。

その後しばらく待っていると10時ごろに再度ポイントが(5M)。

各クロス円の状態を確認しましたが、キウイ円が一番好みなCαだったので、1Mと秒足を確認して、ショートエントリー。

30分足の1Gはまだ綺麗でしたが、欲張らずに1分足と5分足で利確。

5分足でのトレードでしたが、十分取れましたね。

 

ガチトレ手法の場合、勝率や損益がすごいですが、それと合わせてエントリー後の安心感が他の手法と比べると段違いです。

今回は5分足でトレードしましたが、さらに上の足を確認すればどちらに向かって動くのかが判断しやすいので、精神的負担がグッと減ります。

さらに、エントリーする際に「反転ポイントか」を確認する方法も明確なので、「エントリーしたら速攻で逆行して大きな含み損」ということもほとんどないです。

もちろん分析を誤ったり、焦って早仕掛けをした場合は別ですが(汗)

 

トレードを続けていく場合、「高い勝率」や「トータル+安定」も重要ですが、それ以上に「精神的負担が少ない」というのも重要だと思います。

エントリーする時、ポジション保有時、大きな含み損を抱えている時など、正確にタイミングを見計らうことができない手法や、損切り幅を大きく取る手法は、まず確実に将来メンタルがボロボロになります。

が、ガチトレ手法では「天底を捉える」ことができ、進む方向もある程度の期間把握できるので、エントリーする時やポジション保有中に「ドキドキハラハラ」することも少なく(私は多少してます(汗))、「天底」がわかるので「損切りを大きくしすぎる」必要がありません。

 

そういう意味でもガチトレ手法は、他の商材手法と比べると「格」と「桁」が違いますね。

他のメンバーさんも言っていますが、FXのトレード手法における「聖杯」と言えるでしょう(確信)。

 

しっかりマスターしなければ。

この手法はきっと一生ものだろう。